アサイベリー体験談3−1【白内障改善】

体験談@対向車のヘッドライトが眩しくなく、白内障と老眼も一挙回復!アサイベリーは目に直結です。
体験談A白内障のかすみと眩しさが2ヶ月で一掃!予定の手術は中止!アサイベリーと巡り合えて私は幸運。


■体験談@雨の日のライトが目に飛び込んでくる

奈良県 北原白秋さん(仮名・60歳)

私の仕事は郵便物の搬送で、朝と夜の2回、本局と支局を車で行き来しています。 ハンドルを握っている時間は、1日で計4時間ほどにもなるでしょう。 しかし、この年齢になって、運転中に困った事態が起きることがたびたびになってきました。 具体的にいうと、雨の日に水たまりに反射する対向車のヘッドライトが、とても眩しく感じられるのです。 光がパッと目に入ると、思わず顔を背けたくなるし、安全のためにスピードも落とさざるを得ません。 こんなことが連続して起きると、気持ちにもストレスが溜まるものです。 眩しさをこらえて、なお一層集中して運転を続けると、仕事後の目の疲れも相当なものでした。 目が熱く、重くなって、視界がボーッと霞んでくるのです。長時間、目を凝らす影響で、首・肩まで固まってしんどいものでした。 特に左目は日常でもかすみがあり、これは白内障が原因と眼科ですでに指摘されていました。 しかし、まだ手術の段階ではないと具体的な治療はせず、定期検査で様子を見るだけだったのです。 仕事に本格的に支障が出る前に、自力で目の調子を改善させる方法はありません。 思案していた時に出合ったのが、ブルーベリーの数倍のアントシアニンを含むというアサイベリーでした。 目にてきめんという評判で、これは渡りに船だと、昨年9月から飲み始めることにしたのです。


●白内障のかすみ晴れて、標識の文字を即判読

まずは3か月続けてみて、それでだめだったら別の手段を考えよう。 これが当初の思いでしたが、アサイベリーを飲んでまさに3か月目に、視界に大きな変化が現れました。 雨の日の仕事で、対向車のヘッドライトが眩しくありません。スピードを落とさず、1日の経路をスイスイと走りきることができたのです。 光に対してぱっと反応する、若いころの日の順応性が戻ってきたようでした。 更に驚いたことに、白内障による左目のかすみも解消し、おかげで道路標識の字が瞬時に読み取れるようになったのです。 必然的に、運転後の目の疲れも軽快してきました。両方の目頭を指で押さえて、じっとこらえるポーズはもうしません。

加えて日常生活でも、50歳前に作った老眼鏡を使う回数が明らかに減っています。 「眼鏡をかけないとアカン!」だった近距離でも、今は裸眼で問題なし。手に持った新聞、本の文字もパパッと読めるのです。 名刺の住所や電話番号を読むのも苦はなく、老眼回復の証しとしか考えられません。 私にとってアサイベリーは間違いなく、目の調子に直結するものというのが本音で、まさにぴったりの出会いでした。 アサイベリーがあれば心配なし、ストレスなしで今日も仕事に励むことができます。

【この体験談に対して一言】
水晶体、網膜、視神経の老化を加速させる元凶は、目で発生する活性酸素です。 アサイベリーのアントシアニンは、この活性酸素を消去することで目の機能を保持。 良好な視力の回復に働きかけるといえます。


■体験談A骨折で手術が延期になったのが一大転機

埼玉県 島田陽子さん(仮名・66歳)

白内障が起きていることは眼科で2年前に指摘されていましたが、それから1年が過ぎた頃から、いよいよ目のかすみが深刻化してきました 目の前に膜やもやもやがかかったような状態が解消しなくて、テレビを見ると字幕が二重にぼやけてしまいます。 楽しみな韓流ドラマも、これでは落ち着いて見られません。外に出れば日光が眩しくて、サングラスが必需品となり、 夜は車のライトや街灯がパーッと広がって、目に飛び込んできてつらいのです。 眼科ではもはやここまでが限界と診断を下されて、今年1月の初旬に手術をすることがついに決定しました。 ところが、手術の日取りの決定直後、目のかすみで足元がおぼつかない私は、講演で転んで左手首を骨折。 眼科医にすぐ知らせて、白内障の手術も骨折が治るまで延期となりました。 しかし、振り返ってみるとこの骨折こそが、私にとっては幸運への一大転機だったのです。 今年2月、治療のために通っていた接骨院の待合室で、偶然手に取った雑誌で知ったのがアサイベリー。 白内障の視界が晴れたとの体験記事に、私の目はまさに釘付けとなり、アサイベリーに頼ろう!と心が決まりました。

●二重にぼやけたテレビの字幕がスカッと見える

私にもその記事のような成果が表れてほしい。朝・昼・晩に必死の思いでアサイベリーを飲んで、その願いが叶ったのは2ヶ月後でした。 おそらく、視界は徐々に晴れていったのでしょうが、目を覆っていた霞の膜が消えて、視界の透明度が戻ったことに突然「アッ!」 と気付いたのです。それからはトントン拍子に目の調子がよくなり、細かい手作業の仕事で、じっと手元を見つめ続けても、 目の疲れや目ヤニが出ることもありません。老眼鏡はよほど細かい文字を見るときに使う程度で、新聞は裸眼でも十分。 テレビの字幕もスカッと見えて、画面から消えるまでに余裕で読み取れます。 光の眩しさまで和らいで、サングラスは念のために携行するだけ。アサイベリーのおかげで視界も気持ちもパーッと 晴れ渡っている毎日なのです。最大の朗報は、白内障の手術の話が立ち消えになったこと。 以前は月1回の眼科の検査で、「白内障が進んでいますね」の繰り返しだったのが、今や何の指摘もなし。 手術の「し」の字も出ないうえ、むしろ視力が0.6から右0.7、左0.8に上がっているのです。 アサイベリーの実力は疑いの余地なしで、もし手元から切らしたら、いっぺんに心細くなることは間違いありません。 骨折がこれほどの経験につながるとは、最良なめぐりあわせはどこにあるかわからないものです。

【この体験談に対して一言】
アサイベリーのアントシアニンは目の血行不良を改善し、新陳代謝を促進。 そのため、レンズ役である水晶体の老廃物が排出されて、かすみの元である濁りが軽減したと推測できます。


■体験談B道路標識の文字がパッとすぐ読める!

和歌山県 山田長政さん(仮名・69歳)

3年ほど前、車の運転中に視界がかすんで怪しくなる、30分も読書をするとひどく目が疲れるという変調を感じ、 眼鏡を新調しようと店を訪ねました。けれども、検眼をするとこのレンズで合っているといいます。 これはまさかと眼科を受診したら、案の定、白内障と宣告されました。とはいえ、現時点では有効な処置もないとのこと。 このまま進行する一方なのかと不安を抱いていた時、アサイベリーのことを知ったのです。 朝晩に欠かさず飲み始めたところ、早速2ヶ月ほどで嬉しい成果を実感しました。車の運転で視界のかすみやぼやけがなくなり、 標識の文字がパッと飛び込んできます。また、文字の小さい文庫本を長時間読んでも、目がショボショボと疲れることがありません。 そのため、読書用に購入していた拡大鏡も、現在まで一度も使わずじまいです。 アサイベリーのおかげで白内障から救われた!と私は大いに感謝し、これは一生放さないことを決意しました。 昨年の運転免許の更新が、裸眼で問題なくパスできたことも嬉しい驚きでした。 アサイベリーを目の友とすれば、視力快調で晴れ晴れと生活できる。私は全幅の信頼を寄せています。

【この体験談に対して一言】
アサイベリーに豊富なアントシアニンは、目の血行改善を促すことで、かすみやぼやけを軽快に導くと考えられます。 継続的に補給することで、快適な視界が保たれるでしょう。


■体験談C白内障の進行も止まった

東京都 小林麻美さん(仮名・60歳)

アサイベリーのことを初めて知ったのは、友人といったブラジル料理店でした。 アサイベリーを材料にしたシャーベットが、デザートで出てきたんです。 その後、アサイベリーは視力回復にいい!という評判を聞き、早速その健康食品を活用。 おかげで悩みの種だった目の不調が連続して解消しています。 まず気付いたのは、朝にべっとりと目についていた目ヤニが消えたこと。映画を何本も観て、目を酷使した日の翌朝も、 目ヤニ知らずで実に爽快です。花粉の時期に憂鬱だった目のかゆみまで、アサイベリーを飲み始めてから無縁になりました。 目の疲労とともに現れた飛蚊症も、今では全然気になりません。これは子育て中からずっと続いていた症状で、 眼科では「治す方法はなし」と言われていただけにひとしおです。 更に喜んだのは、白内障の進行も止まっていると検査で分かったこと。 その証しなのか、以前は強烈だった光の眩しさが和らいできました。 40歳過ぎから早くも老眼が始まり、目が弱点と自覚していた私にとって、アサイベリーはもはや手放せない一品! 視界快晴の秘訣です。


●体験談D

山梨県 武田信玄さん(仮名・60歳)

郵便物の搬送をするため、仕事に車が欠かせない私にとって、視力は「命」です。 運転している時間は、1日に合計4時間ほどになります。 ところが、60歳を目の前にして、運転中に困ったことが増えてきました。 雨の日に水たまりに反射する対向車のヘッドライトが、とてもまぶしく感じられてしまうのです。 目に光がパッと入ると、思わず顔を背けたくなる衝動に駆られ、また安全のためにはスピードを落として運転せざるを得ません。 まぶしさを我慢して運転を続けると、仕事の後に目がひどく疲れてしまい、これが非常につらい。 目の奥がジーンと熱く、重くなり、視界がボーッとかすみます。
目が疲れる原因はもう一つあります。それは、左目のかすみです。以前気になって眼科で診てもらったところ、 白内障によるものだと診断されました。何しろ、車の運転が仕事ですから、目のかすみやまぶしさなどの不調が続くようであれば、 仕事にも支障が出かねません。何とか自分で目の調子を改善できるような方法はないか、と模索していた時に出合ったのが、 「アサイベリー」です。去年の9月から摂りはじめることにしました。

すると、3ヶ月目に劇的な変化が現れました。ある雨の日の仕事のこと、対向車のヘッドライトが全然まぶしくなかったのです。 その日は若いときのように運転がスムーズにできました。白内障による左目のかすみも解消し、道路標識の文字などを、 見た瞬間読み取れるようになったのです。おかげで、運転後の目の疲れもずいぶん軽減しました。 ふだんの生活でも、この10年来愛用してきた老眼鏡をかける回数が、明らかに減ったのです。 以前は老眼鏡がなくては読めなかった新聞や名刺などの小さな文字も、今では裸眼で読めるようになりました。


■体験談E手術段階まで白内障が進むのを待つとの宣告

和歌山県 足利尊氏さん(仮名・69歳)

もともとの近視、乱視に加えて老眼も年とともに進み、メガネを2度、3度買い換えました。 ところが、3年ほど前にまた買い換えようと眼鏡店を訪ねたら、「眼鏡は目に合ってますよ」。 それならなぜ目の前がぼやけるのかと、翌日に眼科を受診して両目とも白内障が判明したのです。 医師によれば、まだ手術のレベルではなく、半年後にまた来てくださいと言われて帰されました。 しかし、既に車の運転は不便で、道路標識はかなり近くまで行かないとぼやけて判別できません。 趣味の読書でも、30分で目がひどく疲れてショボショボ。肩まで凝って難儀していました。 この目のしんどさは耐え難いが、手術する段階まで白内障が進むのを待つしかないか、そう観念しかけていた昨年9月、 アサイベリーの評判を知ったのです。

●免許更新が裸眼でパスできてうれしい

視力の変化を実感したのは、アサイベリーを飲み始めて2カ月後でした。 車の運転をしているときに標識をふと見ると、パッと文字が目に飛び込んできたのです。 更に喜んだのは、読書をしていても目が疲れにくく、小さな文字でもたやすく読めるようになったこと。 文庫本の漢字の小さな振り仮名も、視線を止めずにすんなり読み取れます。 実はアサイベリーを飲むと同時に、読書が少しでも楽になればとスタンド式の拡大鏡も注文していたのです。 ところが、それが届いたときには、既にアサイベリーのおかげで読書は快適な状態。 結局、拡大鏡は箱から一度も出すことなく、今も押し入れにしまいっぱなしになっています。

同年12月には免許の更新があって、眼鏡不要で楽々パス。白内障が進んで、裸眼ではさすがに無理と思っていましたが、 いい意味で予想が裏切られました。目の不調に四六時中付きまとわれていたころからすると、今の心境は雲泥の差。 視界と共に気持ちまで晴れ渡って、アサイベリーと巡り合えた私は幸運でした。