目の健康によい植物「クチナシ黄金エキス(クロセチン)」

目に有効な注目の成分『クチナシ黄金エキス(クロセチン)』をまめに摂ると目の不快症状に効果!!
(*本文は下の方にあります)


■クチナシ黄金エキス(クロセチン)働き

ピント調整力を高めるクチナシ黄金エキス

夕方になると目がかすむ、ちらつく、ぼやけるなどの不快症状の出る人が増えているとか。 放っておくと目の周りの筋肉にコリが生じて血流が悪くなるため、肩こりや頭痛、だるさを招くばかりか、 緑内障や飛蚊症などの眼病にかかるリスクを高めます。 こういった症状の解消には血流をよくし、目によい成分をまめに摂ることが有効です。 「目によい成分」の中で、今、脚光を浴びているものが、クチナシの実から採れる「クチナシ黄金エキス」= 「クロセチン」です。クチナシの実は、鮮やかな黄色。そのエキスはまるで「黄金エキス」のようですがこれが目によいのです。

ものがはっきり見えるのは、瞳の中の水晶体の厚みが速やかに調整されてピントが合うからです。 この水晶体の厚みを調整しているのが、毛様体筋という筋肉です。 目のかすみやボケは、毛様体筋が凝り固まって、ピント調整ができなくなるからなのです。 注目の「クチナシ黄金エキス」は、筋肉のコリを緩め、血流をよくしてくれる成分で、ピントを合わせる力を回復させてくれます。 また、目を潤す作用も持っているのです。