老眼と屈折異常(近視・遠視・乱視)

老眼と屈折異常(近視・遠視・乱視)について説明します。
(*本文は下の方にあります)


■老眼と屈折異常(近視・遠視・乱視)

40歳代になると、個人差はありますが、ほとんどの人が近くのものが見えにくくなる「老眼」になります。 老眼は、加齢によって目の調節力が低下したものです。 また、裸眼で遠くを見えているときに、網膜上にピントの合う状態を「正視」といい、 ピントが合わない状態を「屈折異常」といいます。 屈折異常は、大きく「近視」「遠視」「乱視」の3種類に分けられます。 ここでは、老眼の仕組みや老眼の矯正方法に加えて、近視などの屈折異常についても説明します。


●目の働き

「屈折」と「調節」の2つの働きでピントを合わせている

私たちは、いつも特に意識することなく目を使って物を見ています。 しかし、ぼんやりと風景を見ているようなときも、目は非常に複雑な働きをしています。 目の動きはよくカメラに例えられます。カメラでは、遠くの風景を撮るときと近くの鼻を撮るときでは、 ピントを変える必要がありますが、目は、このピント合わせを自動的に行っています。 目に入ってきた光は、角膜と水晶体で曲げられて、網膜上に像を結びます。この働きを「屈折」といいます。
さらに、水晶体はその厚みを変えることで、遠くから近くまでピントを合わせています。 遠くを見るときは薄い状態で、近くを見るときは厚くなります。この働きを「調節」といいます。 私たちの目は本来、こうした屈折と調節という2つの働きによって、自動的にピントが合うようになっているのです。