全身の病気で起こる目の症状

目以外の病気が原因で、目に症状が起こることがあります。 症状の程度は、目の乾きなどの不快感から、緊急の手術を要するものまでさまざまです。 例えば「アトピー性皮膚炎」に伴って、「白内障」や「網膜剥離」が起こりやすかったり、 「脳の病気」では、目の症状そのものよりも、脳の病気自体の治療が緊急に必要なことが多いです。 ここでは、代表的な病気とその症状を紹介します。
(*本文は下の方にあります)


全身の病気で起こる目の症状

■アトピー性皮膚炎と目の症状

「アレルギー性結膜炎」「白内障」「網膜剥離」が代表的

近年、アトピー性皮膚炎の患者さんに目の病気を合併するケースが多いことが指摘されています。 特によく見られるのが、次の3つです。

▼アレルギー性結膜炎
「アレルギー性結膜炎」は、アトピー性皮膚炎の患者さんの大半に見られます。 小さな子供から成人まで、ほとんどのケースで合併します。 アレルギー性結膜炎は、花粉やハウスダスト、ダニなどのアレルギーを起こす物質が、結膜(白目の表面と瞼の裏側を覆う膜) に接触することで発症します。結膜に炎症が起こり、目が充血してかゆくなり、目ヤニや涙を伴います 治療では、ステロイド薬の点眼薬などを一時的に使い、かゆみや炎症を抑えます。

▼白内障
「白内障」は水晶体が濁る病気で、濁りの進行とともに視力が低下します。 本来はお年寄りに多い病気ですが、慢性化したアトピー性皮膚炎を持つ、20歳前後の若い世代の人に、 白内障を合併する例が増えています。加齢による白内障に比べ、症状が速く進む傾向があります。 なぜ白内障を合併するかは、よくわかっていません。治療は、基本的に加齢による白内障と同じです。 なお、アトピー性皮膚炎で白内障を合併した人は、次の「網膜剥離」も併発するれが多いとされます。

▼網膜剥離
網膜剥離とは、網膜の一部が剥がれて、 視野が欠けたり、視力が低下する病気のことです。 近年、10〜30歳代のアトピー性皮膚炎の患者さんに、網膜剥離を合併する人が増えています。 いろいろな原因が指摘されていますが、特に関係深いのが、顔に対する慢性的な衝撃です。 顔にアトピー性皮膚炎があると、かゆみのために始終目をこすったり叩いたりします。 その衝撃によって網膜に穴が開き、そこから網膜が剥がれていくと考えられているのです。 治療は、一般的な網膜剥離の治療に準じて行われます。ただし、若い人の網膜剥離はゆっくり進行するために 発見が遅れることが多く、重症化しやすいので注意が必要です。

▼予防と対策
目の合併症を防ぐためにも、アトピー性皮膚炎を治療することが重要です。 首や顔に皮膚症状がある人は、まず顔の皮膚症状を改善することを意識してください。 眼科での定期検査も必要です。

■膠原病・自己免疫疾患と目の症状

「シェーグレン症候群」や「ベーチェット病」などで起こる

膠原病・自己免疫疾患の中には目の症状を伴うものがあります。

▼シェーグレン症候群
膠原病の一種で、涙腺や唾液腺に炎症が生じる病気です。涙の分泌量が減り、目の表面が乾燥する 「ドライアイ」が起こります。 一般的なドライアイに比べ、症状が強いのが特徴です。40〜50歳代の女性に多く見られます。

▼ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病
この3つは、免疫機能の異常によって起こる病気で、目においては「ぶどう膜炎」を引き起こします。 ぶどう膜とは、脈絡膜、毛様体、虹彩の総称です。主な症状として、「目のかゆみや充血、目のかすみ、視力低下」 などが挙げられます。

■バセドウ病

「複視」が起きやすく「眼球突出」が見られることも

「バセドウ病」は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、全身に様々な症状が現れる病気です。 目においては、筋肉が腫れて眼球運動が障害されるため、物が二重に見える「複視」が起きやすくなります。 時には、眼球が突出することもあります。複視は甲状腺機能が正常に戻ってから起こりやすいので、 バセドウ病の治療中から、目にも病気を気を配ることが大切です。


■脳の病気と目の症状

「脳梗塞」や「脳腫瘍」が隠れていることも多い

▼視野の異常
目に入ってきた光は、網膜の視細胞で感受されます。視細胞はそれを電気信号に変え、視神経から脳の視覚中枢に伝えます。 そこで初めて、目で見たものを認識できるのです。この視覚情報の経路を「視路」いいます。 この視路のどこかに、「脳腫瘍や脳出血、脳梗塞」などが起こると、その障害された部位によって、 さまざまな「視野欠損」が起こります。例えば、左右の視神経が交差している「視交叉」の近くに 腫瘍ができると、両目の耳側の視野が欠け落ちます。また、左の眼球のすぐ後ろに腫瘍ができると、 左目だけが見えなくなります。

▼視覚や瞼の異常
「脳動脈瘤や脳出血、脳腫瘍」などによって、眼球や瞼の動きを司る脳神経が圧迫されると、 物が二重に見える「複視」や、瞼が下がったままになる「眼瞼下垂」などが起こります。

▼視神経乳頭の異常
脳を包んでいる「硬膜」という膜は、視神経も覆っています。そのため、脳の病気によって硬膜内の圧力が上ると、 視神経が圧迫され、両方の目の視神経乳頭が腫れてきます。これを「うっ血乳頭」といいます。 「脳腫瘍、水頭症、脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞」など、さまざまな脳の病気で起こりえます。 目には”何となく見えにくい”程度の症状しか現れませんが、多くの場合、「頭痛や吐き気」などを伴います。 脳神経外科などでの緊急の治療が必要です。

▼片頭痛で目の症状が起こることも
「片頭痛」では、頭痛の前触れとして「閃輝暗点」という目の異常が見られることがあります。 目の前にチカチカする光が現れ、徐々に大きくなったり、光りの中心が暗く見えたりします。

■慢性副鼻腔炎と目の症状

副鼻腔の炎症が視神経に及ぶことがある

「慢性副鼻腔炎」によって、副鼻腔の「櫛骨洞」「蝶形骨洞」などに慢性的な炎症が起きていると、 その炎症がすぐ隣にある視神経に及び、「鼻性視神経症」を招くことがあります(下図)。 鼻性視神経症が起こると、片方の目の視力が急激に低下したり、視野が欠けるなどの症状が現れます。 このような場合は、耳鼻咽喉科で副鼻腔の膿や粘膜を取り除く手術が行われます。 治療によって副鼻腔の炎症が治まれば、目の症状もよくなります。


■腎臓病と目の症状

腎臓病による高血圧が網膜の血管を傷害する

「腎臓病」が原因で起こる高血圧を、「腎性高血圧」といいます。 腎性高血圧が続くと、網膜の細い血管がもろくなり、水や血液中の成分が漏れ出します。 その結果、網膜に出血やむくみなどが生じ、視力の低下を招きます。 さらに腎性高血圧が進むと、網膜の血管に動脈硬化が起こって、 「網膜静脈閉塞症」「網膜動脈閉塞症」「網膜細動脈瘤」などを招く危険性もあります。