黄斑変性症の予防に「亜鉛」

今まで日本人に少なかった『黄斑変性症』が最近10年間で数十倍に増え、 本も読めないほど程度がひどい人が続出しています。 物がゆがんで見える難病「黄斑変性症」を予防するには、亜鉛を摂ることが有効です。


■「黄斑変性症」とは?

物がゆがんで見えたら要注意

年を取ると、視野の中心部がゆがんだり、欠けたりして見え、本などが読めなくなることがあります。 そんな場合は、『加齢黄斑変性症』という病気を心配した方がいいかもしれません。 黄斑変性症は、網膜という物を見る上で最も重要な器官の中心にある、「黄斑」 という部分の異常によって起こります。具体的な症状としては、視野の中心がゆがんだり欠けたりして見えます。 視野の中心部が暗くなったりもします。そしてしだいに視力が下がり、最悪の場合には失明にいたることも 少なくありません。黄斑変性症の患者の失明率は、糖尿病網膜症や緑内障の患者の失明率に続いているのです。

『黄斑変性症』


●黄斑変性症の原因

活性酸素の大量発生が重大原因

黄斑変性症は、網膜の中心部にある黄班という部分に、網膜の老化によってできた老廃物がたまって、 網膜が萎縮したり急ごしらえの血管(新生血管)ができたりすることで起こります。 この老廃物がたまる重大原因に、「活性酸素」の大量発生による酸化があります。 活性酸素は、紫外線によって大量に発生します。強い紫外線を長時間浴び続けると、それによって、 活性酸素が大量に発生するのです。特に目は、皮膚などに守られたほかの部位と違い、 目そのものが外にむき出しになっています。そのため、紫外線の害を受けやすいのです。 網膜に老廃物がたまるのを防ぐには、活性酸素の害を取り除かなければなりません。 そこで重要になるのが、食事によるビタミンやミネラルの補給です。


●亜鉛不足

食生活の欧米化で亜鉛不足に

私たち日本人は、古くから自然の恵みを巧みに取り入れた食生活を営み続けてきました。 その結果、野菜や海藻・果物などからビタミンやミネラルなどの抗酸化力の強い栄養を豊富に取り入れてきたのです。 ところが、最近になって私たちの食生活は急激に変化しました。 食事が欧米化し、ファストフードなどの加工食品を利用することが増えています。 その反面、野菜や海藻・果物を摂る機会は減っています。 こうした食生活の変化によって、脂肪やたんぱく質などを豊富に摂るようになったものの、 野菜や海藻・果物から摂れるビタミンやミネラルが不足しがちになったのです。

中でも、特に深刻なのが、ミネラルの一種である「亜鉛」の不足。 亜鉛には、網膜を若々しく保つ働きと共に、活性酸素の消去を強力に促す働きがあります。 実は亜鉛は、加工食品を摂りすぎると不足しやすい栄養なのです。 加工食品には、食品添加物が大量に使われています。食品添加物の中には、体内で亜鉛の吸収を妨げる働きをする ものがあるのです。そのため、加工食品を摂りすぎれば、亜鉛が不足することに直結するのです。