加齢黄斑変性

網膜の中心部には、黄色味を帯びた「黄斑部」と呼ばれる部分があります。 この黄斑部が加齢などによって障害され、視力低下を引き起こす病気が『加齢黄斑変性』です。 アメリカでは、中途失明の原因の第2位を占めるほど、患者数の多い病気です。 日本でも高齢化が進むにつれて、患者数が増えてきています。 加齢黄斑変性は50歳代から始まることが多く、高齢になるほどその頻度は増してきます。 また、福岡県の久山町で行われた疫学調査によると、発症率の比は男性が1.7なのに対し、女性は0.3と、男性に多いのも特徴です。


■加齢黄斑変性とは?

加齢などによって、網膜の黄斑部が障害される病気

『加齢黄斑変性』とは、加齢などによって、網膜の中心部に当たる「黄斑変性部」に障害が起こる病気です。 視野の中心部、つまり見たいところが見えにくくなるため、日々の生活にも支障を来します。

●黄斑部は視機能が最も鋭敏な部位

黄斑部には、物の形や大きさ、色、明暗などを識別する「視細胞」がたくさん集まっています。 黄斑部は、網膜の中でも、物を見るための「視機能」が最も鋭敏な部位です。 その黄斑部の中央にある「中心窩」という小さなくぼみは、視細胞が集中しているひときわ感度の高いところです。 一般に言う”視力”は、この中心窩の視力を指します。


●加齢黄斑変性の起こる仕組み

加齢黄斑変性には、「滲出型」「萎縮型」の2つのタイプがあり、それぞれ起こり方が異なります。

▼滲出型
「新生血管」と呼ばれる異常な血管によって起こるタイプです。 新生血管は、網膜の外側に位置する「脈絡膜」から発生し、網膜に向かって伸びてきます。 新生血管は非常にもろいため、血管壁から血液成分や水分が滲みだして、むくみや出血を起こします。 それによって黄斑部の視細胞が障害され、視機能に異常が起こります。 また、新生血管が網膜の下まで伸びていき、網膜を浮き上がらせて、網膜剥離を起こすこともあります。

▼萎縮型
網膜の最も外側にある「網膜色素上皮細胞」と、脈絡膜の中の「毛細管板」という部分が委縮するタイプです。 網膜色素上皮細胞や毛細管板の委縮が進むと、徐々に黄斑部の視細胞が障害され、視機能に異常が現れます。 日本では、萎縮型より滲出型の方が多く見られます。福岡県の久山町で行われた調査でも、 50歳以上の住民の加齢黄斑変性全体の発症率は0.87%で、そのうち滲出型の発症率は0.67%でした。