緑内障の治療

緑内障』の緑内障の治療法には、「薬物療法」「レーザー治療」「手術療法」の3つがあり、治療は緑内障のタイプごとに異なります。 全体の7〜8割を占める「原発開放隅角緑内障」では点眼薬を使った薬物治療が、「原発閉塞隅角緑内障」では、レーザー治療が中心になります。 また、薬物療法やレーザー治療では不十分な場合などに、手術療法が選択されます。


■レーザー治療

●レーザーで虹彩に孔をあける「レーザー虹彩切開術」

原発閉塞隅角緑内障に対しては、「レーザー虹彩切開術」を行い、眼圧を下げるのが一般的です。 急性緑内障発作が起こった場合も同様です。

◆虹彩に孔を開け、隅角を広げる

原発閉塞隅角緑内障では、角膜と虹彩が接近して、隅角が狭くなっています。そこで、レーザーで虹彩に小さな孔を開けて、 房水の通り道を作り、隅角を広げて、房水の排出がうまくいくようにします。 外来で受けられる治療法で、しかもい効果も得られます。治療の前には、「縮瞳薬」という薬を点眼します。 この薬を使うと虹彩が緊張して薄くなり、隅角が広がるため、レーザーを当てやすくなります。 その後、点眼麻酔をして専用のコンタクトレンズを角膜に装着し、レーザーを照射します。 眼科治療用のレーザーは数種類ありますが、レーザー虹彩切開術では、角膜を焼くのを避けるため、 発熱を抑えて高エネルギーのレーザー光を発生する「ヤグレーザー」が優れています。


●排出口の目詰まりを解消する「レーザー線維柱帯形成術」

線維柱帯の目詰まりが原因で原発開放隅角緑内障が起こり、薬物療法ではなかなか眼圧がコントロールできない場合に行われるのが、 「レーザー線維柱帯形成術」です。

◆線維柱帯にレーザーを当てる

レーザー線維柱帯形成術は、目詰まりを起こした線維柱帯に、「アルゴンレーザー」という、 熱を発するレーザを当てるものです。レーザーを当てることで、線維柱帯の目詰まりを取り、房水の流れをよくします。 外来で受けられます。
レーザーで目詰まりが取れる詳しい仕組みはわかっていません。”照射部位が熱によって固まるため、 周囲の線維柱帯の網目が引きつられて開く”という説や、”線維柱帯の細胞が活性化されて目詰まりが取れる”などの説があります。 なお、この治療で十分な効果が得られるのは、この治療を受けた人の4割程度にとどまっています。 また、正常眼圧緑内障ではもともと目詰まりがないので、この治療による効果はあまり期待できません。