緑内障

緑内障』は、主に眼圧の影響を受けて「視神経」が障害され、視野が欠けていく病気です。 緑内障は、日本人の中途失明に至るリスクが最も高い病気です。 緑内障というと、眼圧の上昇で起こることが知られていますが、日本では、 眼圧が正常なタイプの緑内障が多いことがわかっています。 早期発見のためには、「眼圧検査」だけでなく「眼底検査」や「視野検査」も必要です。


■緑内障とは?

眼圧の上昇などが原因で視神経が障害される病気

緑内障は、「網膜」上に映った像を脳に伝える「視神経」が障害される病気です。 そして、その発症に深く関係しているのが「眼圧」です。 眼球内部では、内側から外側に向けて、常に圧力がかかっています。この圧力のことを、眼圧といいます。 この眼圧によって、眼球の球形を維持したり、網膜に”張り”をもたせています。 視神経は、約100万本の細い「神経線維」が集まって束になったものです。 神経線維は、網膜全体の細胞から集まり束になって視神経となり、眼球を出て脳へつながっています。 この、視神経が眼球を出る部分を「視神経乳頭」といいます。 眼圧が高くなったり、眼圧に対する視神経の抵抗力が弱いと視神経乳頭が圧迫されて、神経線維が切れてしまうことがあります。 そして、切れた個所に応じて、視野に見えない部分(視野欠損)が生じます。これが緑内障です。 放っておくと、神経線維の障害された範囲が広がり、ついには視野がほとんどかけて失明することもあります。


●発症頻度

緑内障は、40歳代以上の中高年によく見られます。2000年から2002年にかけて行われた疫学調査では、 40歳以上の日本人の約20人に1人が緑内障だったという結果が示されています。 そして、この調査のときには9割近くが、初めて緑内障と診断された人たちでした。 緑内障は、初期〜中期のうちは、自覚症状がほとんど現れないので、自分ではなかなか気付くことができません。 したがって、潜在的な患者数はもっと多いのではないかと考えられています。 2011年の人口推計では、40歳以上の人口は、日本全国で約7000万人ですから、 現在、緑内障の患者さんは約350万人いいると推計されます。

●「房水」が眼圧をコントロールする

眼圧は眼球内を満たしている「房水」という透明な液体によって、一定に保たれています。 房水は「毛様体」で作られ、「虹彩」の裏側(後房)を通って、虹彩の表側(前房)に出ます。 こうして角膜と水晶体の間を流れながら、角膜や水晶体などの組織に酸素と栄養を供給したり、 老廃物を受け取ったりしています。

その後、角膜と虹彩の間の「隅角」にある、「線維中帯」と呼ばれるフィルターのような組織で濾過され、 「シュレム管」という管から静脈へ排出されます。 この房水の産生と排出がバランスよく行われていれば、眼圧は一定に保たれます。 ところが、何らかの原因でそのバランスが崩れると、房水の流れが滞って眼球内に房水が溜まり、眼圧が上がってしまいます。 すると、視神経乳頭に強い圧力がかかって、緑内障が起こってくるのです。

緑内障の大半は、房水の産生と排出のバランスが崩れるような病気が特にないのに起こる「原発緑内障」です。 それ以外に、他の病気や薬の副作用、外傷などが原因で起こる「続発緑内障」もありますが、 ここでは、原発緑内障について説明します。