白内障の改善によいサプリメント「ルテイン」

進んだ白内障の改善には、目の栄養ビタミンCとルテインが効果大で、 今、ビタミンC入りルテインのサプリメントが大評判です。
(*本文は下の方にあります)


■抗酸化物質

活性酸素が水晶体や網膜を酸化させる

「白内障」の原因とされるものに「活性酸素」があります。 活性酸素が体内で大量に発生すれば、細胞や組織を酸化させて老化を促進させたり、癌や動脈硬化など、 さまざまな病気を引き起こしたりします。目においても同様で、白内障などの目の病気を招く元凶になります。 そこで、白内障を予防するためには、体内で活性酸素が必要以上に発生するのを防ぐことが肝心です。 実は、私たちの体には、発生した活性酸素を除去する物質を自ら作り出し、活性酸素の攻撃から守る作用があります。 この活性酸素除去する物質を「抗酸化物質」といいます。 抗酸化物質は、私たちの体内にいくつもありますが、代表格はビタミンやミネラル、それにカロテノイドです。 中でも、目の健康に欠かせない二大成分が「ビタミンC」「ルテイン」。 実は、目の水晶体には、紫外線による活性酸素の害から目を守るために、もともとビタミンCやルテインが 多く含まれています。ところが、年を取るにしたがって、体内にある抗酸化物質の量が減ってきます。 水晶体に多く含まれている、ビタミンCやルテインなどの抗酸化物質も例外ではありません。 年を取ると白内障が起こりやすくなるのは、これが大きな原因の一つです。


●ルテイン

水晶体や網膜の酸化を強力に防ぐルテイン

『ルテイン』は、カロテノイド(植物の色素成分)の一種で、青汁の主材料として有名なケールや、 ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。 こうした緑黄色野菜を食べれば、ルテインが体内に取り込まれ、目の水晶体や網膜まで到達して蓄積されます。 目の中に蓄積されたルテインは、紫外線によって発生する活性酸素を、その強い抗酸化作用で消し、 水晶体や網膜の酸化を防ぎます。ルテインの抗酸化作用は強力で、白内障の予防はもちろん、進んだ白内障の改善にも 威力を発揮します。そのほか、酸化によって引き起こされる視力低下や眼精疲労、さらには黄斑変性症などにも 効果があるといわれています。

ルテインは、体内で作ることができません。しかも、年を取るにつれてルテインを体内に貯蔵する力は低下していき、 40歳を過ぎたころからルテインの量は急減します。この時期から視力が落ちたり、白内障にかかりやすくなったりするのは、 こうしたルテイン不足が大きく関わっているのです。 私たちは、ある程度の年齢になったら、ルテインの多い食品を積極的に摂る必要があります。


●ルテインを摂るには

ほうれん草を1/3食べれば効果大

緑黄色野菜の中でも、ルテインの含有量が最も多いのはケールですが、これは一般にはあまり出回っていません。 次にルテインが豊富な野菜はほうれん草です。ほうれん草100gの中には、10.2mgのルテインが含まれています。 ルテインを日常の食品で補うには、ほうれん草が最適といえます。 ただしほうれん草を食べるには、ちょっとしたコツが必要。ルテインは脂溶性(油に溶けやすい性質)であるため、 油と一緒に摂れば、体内に効率よく吸収されやすくなります。ほうれん草は、油炒めやドレッシングかけて食べると いいでしょう。

ルテインの1日の所要量は、特に決まってはいません。しかし、これまでのさまざまな研究報告の結果、 白内障を予防するためには、1日に6mg程度の摂取が必要と考えられています。 この量をほうれん草に換算すれば、おおよそ60g(約1/3束)になります。 しかし、すでに白内障にかかっている人は、それだけでは足りません。 白内障を改善するためには、1日に12〜15mg程度のルテインが必要といわれているのです。 これをほうれん草に換算すると、120〜150mg(約1/2束)の量を毎日摂り続けなければいけないことになります。

さて、ルテインが白内障の改善に役立つことは、多くの研究でわかっています。 米国ハーバード大学のハンキンソン博士らは、約500人の看護師を2グループに分け、一方のグループには ほうれん草を週に4皿ずつ、もう一方のグループには、ニンジンやカボチャ、サツマイモなどを週に5皿ずつ、 8年間にわたって食べてもらいました。すると、ほうれん草を食べていたグループは、白内障の発病率が 同年代の平均的な発病率に比べて、約5割も低かったことがわかったのです。 もう一方のグループは、同年代の白内障の平均発病率との差は見られませんでした。 以上のことから、ルテインが白内障の予防に役立つ成分であることが確認されたのです。


◆サプリメントなら手軽にルテインが摂れる

とはいえ、白内障の改善に効果があるとされる量のほうれん草を毎日食べ続けるのは、実際には難しいことでしょう。 そこで最近では、ルテインを凝縮したサプリメントが市販されています。 毎日手軽にルテインを摂りたい場合は、サプリメントを利用するといいでしょう。 日本のある眼科医は、ルテインのサプリメントを使った試験で、白内障に対する効果を調べています。 それは、白内障にかかっている患者さん50人を対象に、高濃度のルテインを含むサプリメントを3ヶ月間取り続けてもらう というもの。その結果、全員が白内障の自覚症状である目のかすみやまぶしさが解消したのです。 しかも、低下していた視力が、平均して0.4以上も回復したと報告されています。 なお、現在では、ルテインにビタミンCを加えたサプリメントも開発され、大変注目されています。 このサプリメントを摂れば、白内障に効果がある二大成分を同時補給できることになり、効果もより高まることが 期待できるでしょう。

【関連製品】
『ルテイン関連製品・販売店』