白内障の治療

経過観察、薬物療法、手術の3種類

白内障の治療の目的は、水晶体の濁りを取って、視力低下などの症状を改善し、日常生活の不自由さを解消することにあります。 現在のところ、薬物による治療では、一旦濁った水晶体を元の透明な状態に戻すことはできません。 白内障を根本から治すには、濁った水晶体を取り除いて、代わりに「眼内レンズ」を挿入する手術を受ける必要があります。 ただし、白内障と診断されたら、すぐに手術を受けなければならないかというと、そうではありません。 急いで手術を受けなければならないケースは少数で、患者さん自身が、日常生活に不自由さを感じるようになってから手術を受ければよいケースがほとんどです。


■治療法は大きく分けて3種類

患者さんの視力低下の程度や、どのくらい生活に支障があるかによって、次の3種類から治療法が選択されます。

▼経過観察
定期的に眼科を受診して、白内障の状態をチェックします。

▼薬物療法
点眼薬を用いて、白内障の進行を少しでも遅らせます。

▼手術
濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入します。

これらの治療法のうち、完治できるのは手術のみですが、手術を受ける前の段階として、患者さんが経過観察や薬物療法を 選ぶことは可能です。白内障の手術は一部のケースを除き、急いで受ける必要はありません。 自分が受けたいと思ったときに受ければよいのです。また、高齢だから一概に手術を受けられないということはありません。 90歳を過ぎてから手術を受ける人もいます。