目の健康

現代社会で目の健康を一生維持するには、OA機器、ストレス、紫外線などから目を守るために日常生活での工夫が必要です。
(*本文は下の方にあります)


■紫外線に注意!サングラスや帽子で対策を

近年、「紫外線」と健康の問題がクローズアップされていますが、 目にはどんな影響があるのでしょうか。
目は長時間紫外線を浴びると、角膜が炎症を起こすことがあります。 また、紫外線は目のレンズ部分である水晶体のたんぱく質を変性させるため、長年にわたって紫外線を 浴び続けると、白内障の原因になると考えられています。環境破壊による紫外線の増加が報告されており、 目のためにもしっかりとした対策が必要です。 紫外線カット機能のある眼鏡やサングラス、帽子などで紫外線を防ぐようにしましょう。


●栄養バランスと休息、目を疲れさせない工夫

目は体の一部ですから、体が疲れれば目も疲れます。 目の疲労をきちんと回復させるためには、栄養バランスのとれた食事と適度な休息が必要です。 よく知られているように、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンは目にとって特に重要な成分です。 パソコンなどを長時間使う人は、目安として1時間に10分程度の休息をとり、 目を休ませるようにしましょう。

【関連製品】
『アントシアニン』


●QOLを高める色覚補正メガネ

特殊な機能を備えたメガネの1つに、色覚異常がある人に利用されるものですが、QOL(生活の質)を高め、 毎日の生活をより快適にするために役立てられるでしょう。

目の負担は体のストレスにつながり、気付かないうちに全身の健康に影響を及ぼしていることがあります。 目に表れるサインを見逃さず、正しい対処法を心掛けましょう。